Project   Exhibition

時の採集箱 時間をめぐる、めぐる時間の展覧会 同時開催

とらえづらい「時」というものに、ことばや写真、そして身近なもののかたちを通じてせまろう、というちいさな企画展示。

壁面では、古今東西の文献から、時のてざわりをたよりにあつめた8編の書き抜きと、12枚の写真があわせて展示されました。文章のセレクションは、生活工房竹田由美さん。

展示台は、「ときがつむぐかたち」と題し、丸くなった小石や土、錆鉄、埋もれ木、流木、切り株、貝殻など、ごく身近なものを、時間的視点でながめてみようという試み。「ときがつむぐかたち」の構成・文と壁面写真は、佐々木光が担当しました。

 

 

Client  せたがや文化財団 生活工房

2012    |   Joint Planning, Embironmental design, Graphic Design

Photo (Hikaru Sasaki)

 

Related Links

〉公益財団法人 せたがや文化財団 生活工房

『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』告知情報(開催当時)

copyright (C) toinoki