自然・いきもの・生きること

toinoki

Who we are

といのきデザイン事務所は、自然・いきもの・生きることをテーマに活動する、デザインと造形の事務所です。

わかったことを伝えるだけではなく、わからないことを共に思い考えるための、もの・時・場づくりを目指しています。

現実の複雑さ、曖昧さ、わかりにくさの向こうにあるてざわりを、いかに丁寧に、みなで共有できるかたちにしてゆけるか。

何度も話しあい、一緒に調べ、考えながら、ひとつひとつのプロジェクトにじっくり時間をかけて取り組んでゆきます。

現在、デザイナー2名によって構成されています。

2017年まではデザイングループ「セセンシトカ / sesensitka」として活動していました。

佐々木光 佐々木真由子

デザイナー。1976年生。

多摩美術大学デザイン学科立体デザイン専攻卒。

デザイン事務所勤務後、フリーランスを経て、

2008年、セセン設計所を設立。

2012年、デザイングループsesesnitka結成。

2017年、といのきデザイン事務所設立。

デザイナー。1976年生。

信州大学理学部生物科学科、

Pratt Insititute, Associate Degree (Graphic Design) 卒。

2002年、SunREORを設立。

2012年、sitkaに改称。sesesnitka結成。

2017年、といのきデザイン事務所設立。

http://hikarusasaki.toinoki.com

〉 メンバーのよりくわしい経歴

会社概要

合同会社といのきデザイン事務所  ( 元:セセンシトカ、セセン設計所、シトカ / サンレオール )

代表社員  佐々木光  |  業務執行社員  佐々木真由子

所在地   東京都小金井市梶野町5丁目12番22号 〒184-0002

業務内容

○ デザイン(グラフィック、エデトリアル、立体、環境)、アートディレクション、企画立案

○ 自然誌・自然環境・自然科学分野におけるアートワークの制作

○ 書籍の企画・制作

○ 展示の企画支援、およびそれに伴うデザイン全般

○ 上記にかかわる調査・研究

「といのき」 問いをかたちにする

社名の「といのき」とは「問いかけの記」。問いをかたちにする、という事務所の基礎理念をあらわしています。